いっしーの足跡

いっしーの足跡~とある大学生の日常記録~

とある旧帝大生の日々の出来事や心情を赤裸々に

【新大学生必見】後悔しないサークルの選び方 ”第5歩”

Hatena

f:id:ki-diary1515:20170417221703p:plain

 

大学で入るサークルに悩んでいませんか?

f:id:ki-diary1515:20170421181619j:plain

みなさんこんにちは!いっしーです(⌒∇⌒)

 

4月も後半に突入し大学1年生はどこのサークルや部活に入るかだいたい固まっているんじゃないかなと思います。

そんな中、まだ悩んでいる、どう決めればいいかわからない

そんな悩める1年生にために今日はサークルについてお話します。

(今回の話は国立理系の話なので必ずしも全ての大学で当てはまる話ではありません)

 

そもそもサークルに入るメリットは?

もしかしたら自分はサークルなんて入らない、学業に専念するんだ!って方もいるかもしれません。

そんな方を否定するつもりはありませんが私個人としてはお勧めしません。

 

サークルに入っておくメリットは

  • ストレス発散の場
  • 先輩とのコネクション
  • 交友が簡単に広げやすい

大きく分けるとこの三つでしょう

まず大学生活非常にストレスが溜まります、そんななかで自分が好きなものを好きなだけ思いっきりやれる場があるかないかは非常に重要です。

 

次に先輩とのコネクションですが大学の生活は情報戦です。高校までと違って何もしなくても平等に教えてくれるわけではありません。

そのうえで先輩は履修、過去レポ、過去問、アルバイト様々な情報を提供してくれます。そんな先輩とかかわる機会は基本的にサークルでも入らなければないことでしょう。

特に私の場合は地元からかなり離れた大学に進学したので同じ高校の先輩が教えてくれるなんてことはありませんでした。

 

最後にサークルというのは基本的に同じ趣味嗜好の人が集まってきやすい場です。

仲良くなりやすいのはもちろん、深い仲になりやすいです。

 

私自身も休日や長期休みにともに時間を過ごすのは普段一緒に授業を受けるメンバーをはじめ他のコミュニティよりサークルメンバーの方がはるかに多いです。

 

ついでに理系、特に工学部の皆さん、サークルでも入ってない限り女性とのかかわりはほぼないと思った方がいいです。

自分の学科は男女比25:1、限られた女子はたいていイケメンか文系男子にもっていかれていることでしょう。学部内で、同じクラスでそんな幻想は早く捨てたほうがいいです(かなり主観が入っています(笑))

 

サークル選びポイント

さあいよいよここからが本題です。

サークルはどうやって決めればいいのでしょう?

 

とにかくいろんな新歓に行く

自分の興味がある分野のサークルはもちろんですがただ飯食べさせてもらうくらいの気持ちでいいので様々な種類のサークルに行ってみましょう。

ポイントはそこで先輩や同級生に他のサークルの評判を聞いてみることです。

 

自分の場合はバレーボールサークルに行きそこでほかのバレーボールサークルのことを教えてもらったり自分が他に入りたいと思っているサークルを言ってそこについての情報を集めました。

 

迷ったら入ってみる

ある程度自分が入りたいサークルが絞れたら悩むと思います。

「このサークル入ってみてはずれだったらどうしよう?」

「掛け持ちはやっぱり忙しいかな?」

 

心配ありません!とりあえず入っちゃいましょう(笑)

 

とりあえずたくさん入ってみて違うなってなったりやっぱり忙しいってなったら切っていけばいいのです。

 

私も最初は4つ入っていましたし、友人には7個入ったやつもいました(笑)

 

ただし最初に道具を買いそろえなきゃいけないところやサークル費が高額で最初に集められてしまうところは注意しましょう。

私はこれで1万円とひきかえに一回も着ないまま眠っている名前入りTシャツ&つなぎがあります(笑)

 

最後に

 

大学の規模が大きければ大きいほど自分が知らないだけでたくさんのサークルがあります。きっとあなたに合ったあなたの大学生活を彩ってくれるサークルがあるはずです!

 

まだ間に合うはずです!ぜひ頑張ってください(⌒∇⌒)

 

ここまで読んでくれてありがとうございます!

 

univdiary1017.hatenadiary.jp

 

 

 

 

univdiary1017.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村
にほんブログ村

広告を非表示にする